« よくわかる現代魔法:最終話(第12話) | トップページ | PandoraHearts(第23話) »

CANAAN:最終話(第13話)

▼最終話
ユンユン[ CV:戸松遙 ]頑張った!さすがに今回の爆弾はちゃんと爆発。マリア[ CV:南條愛乃 ]が助からない事はないと信じていても、あの絶望的な状況でどうやって?まさかユンユンが電車から転げ落ちて助けに来るとは。そしてカナン[ CV:沢城みゆき ]アルファルド[ CV:坂本真綾 ]の決着は着いたようでこれからも続く。電車から落ちてさすがに死んだか?と思ったんだけど、アルファルドは自らの腕と一緒に、シャム[ CV:大塚明夫 ]との関係の象徴だった入れ墨を体から消した。まだまだ終わらない、そんな想像を楽しませてくれる最終話。

▼カナンとアルファルド
希望の象徴、カナン。孤独の象徴、アルファルド。カナンがマリア[ CV:南條愛乃 ]の存在によってシャムの亡霊から解き放たれ、自らの生きる意味を探し始めた。それに対してアルファルドはシャムの存在、そしてシャムが残した希望であるカナンに縛られていたんだと思う。究極的にはアルファルドはカナンがうらやましかったんだろうな、と。自分もシャムの存在から早く抜け出したいのに、断ち切ることが出来ない未練。そんな自分の中の醜い感情、しかしながら素直な感情を否定していたのかもしれない。だけど、最終話でそれは大きく変わった。カナンの元へ入る依頼の電話。「片腕の女」。もう過去のアルファルドとは違う。何となく嬉しそうな表情をしたカナンが印象的だった。

▼物語と登場人物
カナンとアルファルド、そしてマリアに注目すると、この作品は実にクオリティの高いキャラクターを用意していたと言える。カナンもアルファルドもどこか大人になりきれない、極端な性格を持っていたし、カナンの言う「マリアの色」は明らかに他の人とは違って輝いていた。一方でそれを盛り上げるための舞台、CANAANの場合はウーアウイルスがそれなんだけど、ここにはもうひと味スパイスがあっても、という気もする。確かに物語も面白いんだけど、次回が気になるというワクワク感は物語そのものから感じる部分よりも登場人物から感じる部分が圧倒的に多かった。でも、この作品の場合はキャラクターの方のクオリティが圧倒的だから、これでも良いのかも。物語でキャラクターを潰してしまうよりはよっぽどね。

▼最高品質の絵
アニメーション制作はP.A.WORKSです。今回どれほどの制作期間があったか定かではないけど、とにかくテレビアニメとしてのクオリティは文句なしです。激しいアクションシーンや、雑踏、砂漠、秘密基地?といろいろな場所が舞台になっていたにもかかわらず、作品としての一貫性を失うことのない絵。綿密に研究して動かしていると思われるカナンやアルファルドのしなやかな動き。アニメーションでありながらも、筋肉の付き方とか関節の動く範囲とか、真面目に動画を作ろうという意気込みがないとこういう絵にはならない。途中で海外請負会社への委託も何話か入ってますが、その部分のクオリティコントロールもちゃんとできていた。CGとの組み合わせ方も文句なし。次回のP.A.WORKSの制作作品が楽しみ。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

|

« よくわかる現代魔法:最終話(第12話) | トップページ | PandoraHearts(第23話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46326483

この記事へのトラックバック一覧です: CANAAN:最終話(第13話):

» (アニメ感想) CANAAN 第13話(最終回) 「キボウノチ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CANAAN 1 [Blu-ray]クチコミを見る アルファルドはいい女だし、悪役としても十分に際立つ可能性はあったけど、どうも途中から小さくまとまってしまった感があって最後まで魅力が発揮出来ていなかったかな・・・。 ↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 15時06分

« よくわかる現代魔法:最終話(第12話) | トップページ | PandoraHearts(第23話) »