« テガミバチ(第2話) | トップページ | クロスゲーム(第28話) »

戦う司書(第2話)

1話に続いて、パンドーラ図書館と神溺教団のどちらが「正義」なのか、視聴者を悩ましい気分にしてくれる内容。今回は神溺教団のコリオ[ CV:入野自由 ]視点でストーリーが進むもんだから、パンドーラ図書館と武装司書があまりいい人たちに見えなかった。改めてこの世界観、まだまだ見えないところが多すぎて奥が深いなと感じた。

そんなわけで、最後に登場したハミュッツ[ CV:朴ロ美 ]。これはもう悪の親玉、ラスボスの貫禄と言っても過言ではないくらいの悪漢ぶり。「肉」を始末することが目的とは言え、あの始末の仕方は少々大人げないというか残酷というか。果たしてコリオはあっさりハミュッツに殺されてしまうんだろうか。

戦う司書(@BS11) / アニメーション制作:david production

|

« テガミバチ(第2話) | トップページ | クロスゲーム(第28話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46461301

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う司書(第2話):

« テガミバチ(第2話) | トップページ | クロスゲーム(第28話) »