« そらのおとしもの(第3話) | トップページ | 11eyes(第3話) »

ささめきこと(第3話)

純夏[ CV:高垣彩陽 ]の視点、純夏の心情がストーリーの中心にありながら、そのストーリーを引っ張っていくのは[ CV:高本めぐみ ]。このいびつな物語の構造が純夏の気持ちのもどかしさをより一層強く伝えてくれるように思う。

汐の妄想パワーはなかなか大したもんでもはや制御不能なんだけど、純夏の汐に対する気持ちももはや制御不能寸前か?まさかの汐とのキス練習、もしかしてお面を無理矢理取ってしまうのか?家に持ち帰った汐のリップ。いけない妄想と共に使ってしまうのか?結局どっちも自重。純夏の中での汐に対する気持ちが本物な証拠ということだろうか。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

|

« そらのおとしもの(第3話) | トップページ | 11eyes(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46557725

この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと(第3話):

» (アニメ感想) ささめきこと 第3話 「ファーストキス」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ささめきこと 第1巻 [DVD]クチコミを見る 純夏と汐は、放課後の教室でキスをする女の子同士のカップルを目撃する。その光景に刺激を受けた汐は、いつか訪れるであろうかわいい女の子とのファーストキスのために練習が必要だという思いに取り付かれる。 いつものように暴走す...... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 03時56分

« そらのおとしもの(第3話) | トップページ | 11eyes(第3話) »