« 夏のあらし!春夏冬中(第7話) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(第7話) »

アスラクライン2(第20話)

19話で「二巡目」の真実が明らかになって向かえたこの20話。ここからがこの作品のストーリーの本当の勝負だと思っていた。そしてそれを裏切らない凄まじい内容だった。とにかく密度の濃いことと言ったら、そりゃもうドロリ濃厚ピーチ並ですよ、これは。

次々と智春[ CV:入野自由 ]の前に立ちはだかる敵。それもまさかあんたが!?と思うような人物が。まずは仮面が外れて現れた冬琉[ CV:甲斐田裕子 ]にビックリ。そしてその黒幕がアスラクラインとなる野望を持った[ CV:川田伸也 ]部長がまさかの黒幕。直貴は消滅し、おそらく朱浬[ CV:田中理恵 ]は死んではないと思うけど・・。

そして智春たちが飛ばされた空間。この流れからすると、やはり部長の企む「三巡目」の世界と言うことになるんだろうか?クライマックスに向けて良い感じに盛り上がってきました。

アスラクライン2(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:セブン・アークス

|

« 夏のあらし!春夏冬中(第7話) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46792194

この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン2(第20話):

« 夏のあらし!春夏冬中(第7話) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(第7話) »