« テガミバチ(第8話) | トップページ | クロスゲーム(第34話) »

戦う司書(第8話)

エンリケ[ CV:野島裕史 ]の自我を救い出したノロティ[ CV:戸松遙 ]ハミュッツ[ CV:朴ロ美 ]の狙いはこれだったんだろうか。単にエンリケを殺してしまうことは簡単だけど、それでは事件の解決にならないということか。ハミュッツってそんなに思慮深い人には見えないけどなぁ。

それでもノロティにとっては、「人を殺したくない」という自分の信念を貫き、結果としてそれがエンリケを救うことが出来た。生き残ってしまった事への後悔を乗り越えて、クモラ[ CV:後藤沙緒里 ]からの感謝の言葉を胸に、これからも強く生きていくエンリケ。重苦しい雰囲気と絵柄から一気に解放されて、清々しい気分。

戦う司書(@BS11) / アニメーション制作:david production

|

« テガミバチ(第8話) | トップページ | クロスゲーム(第34話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46844996

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う司書(第8話):

« テガミバチ(第8話) | トップページ | クロスゲーム(第34話) »