« うみねこのなく頃に(第22話) | トップページ | DARKER THAN BLACK 流星の双子(第8話) »

とある科学の超電磁砲<レールガン>(第9話)

画面の中の佐天[ CV:伊藤かな恵 ]に思わず声をかけたくなった。ダメだ、踏みとどまれ。最初は黒子[ CV:新井里美 ]のピンチ。まさかレベルアッパーを使って助けようとかしてないよな?ここは黒子が頭脳プレーで切り抜けてくれてセーフ。しかしレベル4の黒子ですらここまで苦戦するとは、レベルアッパー恐るべし。

そして次。最後のシーン。友達がレベルアッパーの話をしている時の佐天の表情がヤバい。スルーだよな?こらえろ!耐えろ!そして振り返った佐天の何とも不自然な表情。「私、それ持ってる!」あぁ、言ってしまった・・。

コンプレックスって難しい。おそらく佐天の心には黒子の言葉はもちろん、美琴[ CV:佐藤利奈 ]の言葉が届かない。持っている人には分からない、分かるわけがない。おそらく佐天は心の中ではそう思っているに違いない。初春[ CV:豊崎愛生 ]に言われても、たぶん佐天の中のコンプレックスが消えることはないだろうな。

とにかく、佐天がレベルアッパーを使わないでくれることを願うばかり。

とある科学の超電磁砲(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« うみねこのなく頃に(第22話) | トップページ | DARKER THAN BLACK 流星の双子(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46888644

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲<レールガン>(第9話):

« うみねこのなく頃に(第22話) | トップページ | DARKER THAN BLACK 流星の双子(第8話) »