« キディ・ガーランド(第8話) | トップページ | 戦う司書(第10話) »

テガミバチ(第10話)

シルベット[ CV:水樹奈々 ]が母親の名前。既にラグ[ CV:沢城みゆき ]と出会う前からゴーシュ[ CV:福山潤 ]は少々おかしな事になっていたみたい。そしてアリア[ CV:小清水亜美 ]はまだ何か隠している気配がするんだけども。

あとはザジ[ CV:岸尾だいすけ ]の言った何気ない言葉が少し伏線か?「心弾を打ち続けると記憶まで・・」。ラグもこの言葉に何か気づかされたような表情。そもそも人工太陽とやらの存在はアニメ中では深く触れられていない。この作品の世界観にはまだいくつも大きな要素がありそう。

さて、いよいよ次回からはラグがテガミバチとして動き始めるかな?ここまでの課程でも十分すぎるほど中身の詰まりまくったストーリー。さらに本領発揮となれば、ますます楽しみ。

テガミバチ(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:studioぴえろ

|

« キディ・ガーランド(第8話) | トップページ | 戦う司書(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46956195

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ(第10話):

« キディ・ガーランド(第8話) | トップページ | 戦う司書(第10話) »