« DARKER THAN BLACK 流星の双子(第10話) | トップページ | 夏のあらし!春夏冬中(第11話) »

戦う司書(第11話)

モッカニア[ CV:石田彰 ]の過去。母親であるレナス[ CV:大原さやか ]の記憶を持たされた名も無き女性。この状況を作り出してしまったのもまた神溺教団の罪なのか。それでも最期を向かえたモッカニアの表情は、後悔や恨みのそれとは全く違った。自分の記憶が偽りだとしっても、強くて優しい母親であり続けたレナス。難しいストーリーが一気に昇華されると同時に、どうしようもない虚しさも漂う。

と同時に。そんな境遇に置かれていたモッカニアに対して、全く躊躇無く殺しにかかったハミュッツ[ CV:朴ロ美 ]の恐ろしさ。冷淡さというよりも、大局的にとにかく大きな視点で上の上から物事を見定める。そんな恐ろしさだ。

戦う司書(@BS11) / アニメーション制作:david production

|

« DARKER THAN BLACK 流星の双子(第10話) | トップページ | 夏のあらし!春夏冬中(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47023461

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う司書(第11話):

« DARKER THAN BLACK 流星の双子(第10話) | トップページ | 夏のあらし!春夏冬中(第11話) »