« 生徒会の一存(第11話) | トップページ | NEEDLESS:最終話(第24話) »

とある科学の超電磁砲<レールガン>(第11話)

まずはレベルアッパーによる昏睡が一時的な物で、かつ目覚める方法があって後遺症も残らないと聞いて一安心。肩から力がすぅーっと抜けた。いや~、佐天[ CV:伊藤かな恵 ]良かったな。

そんな力の抜けたところに木山[ CV:田中敦子 ]がレベルアッパーを開発した理由とその過去の事実が突きつけられる。段々と子供達がなつくようになり、そして自分も心を開くようになってきた木山。そこに訪れたAIM拡散力場の暴走実験。これは正直キツいわ。子供達が死んだ訳ではなく昏睡状態、というのがせめてもの救いか。

そろそろレベルアッパー編も終わりに近づいていると思うんだけど、もし能力を暴走させられて目が覚めないのであれば、当麻[ CV:阿部敦 ]にご足労いただくわけにはいかないんですかね。何とか出来そうな、漠然とした期待をしてしまうんだけど。美琴[ CV:佐藤利奈 ]が木山にゼロ距離電撃を食らわせたときの言葉が伏線になってたりしないだろうか。

とある科学の超電磁砲(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 生徒会の一存(第11話) | トップページ | NEEDLESS:最終話(第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47007082

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲<レールガン>(第11話):

» only my railgun TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ |fripSide [お買得情報連絡便り]
TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ" align="left" hsp... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 21時25分

« 生徒会の一存(第11話) | トップページ | NEEDLESS:最終話(第24話) »