« ささめきこと(第12話) | トップページ | うみねこのなく頃に:最終話(第26話) »

11eyes:最終話(第12話)

▼最終話
どう解釈すればいいだろうか。[ CV:小野大輔 ]の目に見えた赤い月。崩壊を始めた赤い夜から戻った先の世界で、再び赤い夜がやってくるということを意味していると理解して間違えないような。今度は違う。戦う意味、守るべき人を駆が理解している。今度は同じ事を繰り返さない。そんな決意。ストーリーは完結した。違う世界という形で賢久[ CV:森久保祥太郎 ]彩子[ CV:たかはし智秋 ]も生きている。それでも想像を巡らせることのできる意味深なエンディング。これはキレイにまとめてきたな。悪くなかったと思う。

▼感情移入しにくい登場人物
主人公の駆にしてもそうだし、後半はヤンデレモードに突入したゆか[ CV:後藤麻衣 ]もそうなんだけど、どうにもこの主役級の二人がゲーム的、アニメ的すぎる。性格や考えてることが分かりやすいので、物語の世界観を理解するという意味では実にありがたい。一方で、極端な反応(強いて言えば極端な正義感)をするもんだから、そこで急激に「この物語はフィクションです」の現実に引き戻される。やはり一級品の作品には、ストーリーと登場人物が絶妙に絡み合って面白さがどんどん高まっていく要素を持っているもの。残念ながら11eyesにはそれは無い。

▼ストーリーの構成はGOOD
ゲーム原作ということで、主人公モテまくりで全ヒロインを適当に舐める展開を警戒した。前述のとおり登場人物の描き方にはイマイチ納得がいかなかった一方で、赤い夜というキーワードを上手く使った前半の構成は良かったと思う。何が起きてるのか分からないままに赤い夜に引き込まれ、そして戦わなくてはならない戸惑い。ここでは駆やゆかの心情描写が実に単純な事がプラスに作用。ストーリーとのシンクロ感が高まった。惜しむべくは毎回同じパターンだったが故、5話付近で既に飽きてきたことか。

▼作画は及第点
現実から赤い夜に引き込まれるときの演出、そして赤い夜から再び現実に戻るときの演出。これはゲームと同じ演出手法なのか?分かりやすいのはもちろんだし、「うわっここでか!」という意外性と焦燥感をあおるのに必要十分。あのガラスが割れるような音、前半は相当な恐怖だったぞ。作画については特筆すべきものはなく、及第点という言葉がぴったりだと思う。色使いが暗くて絵が単調に見えてしまうのは残念なところだ。色彩設定にもう一工夫欲しい。ところで、ストーリーを異にするサービスカット満載なOVAがリリースされるらしいです。なるほど、そういう売り方もあるのか・・。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

|

« ささめきこと(第12話) | トップページ | うみねこのなく頃に:最終話(第26話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47116375

この記事へのトラックバック一覧です: 11eyes:最終話(第12話):

« ささめきこと(第12話) | トップページ | うみねこのなく頃に:最終話(第26話) »