« アスラクライン2(第25話) | トップページ | こばと。(第11話) »

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪:最終話(第12話)

▼最終話
最後に春香[ CV:能登麻美子 ]美夏[ CV:後藤麻衣 ]がまとめていたように、ラブコメとしては実にキレイに終わらせた感がある。温泉旅行に雪山での遭難と怒濤のお約束展開だったけれども、アバンタイトルで思わせぶりなシーンを見せてくれただけに、「ここからどうやってあのシーンになるんだ?」という想像を楽しみながら見ることが出来た。最後の最後で寸止めなところも含めて、これがラブコメという作品の王道だろう。よくできました。

▼春香と裕人の純愛ストーリー
これだけデート的な展開を積み重ねても、春香と裕人は付き合ってないんです。政治の世界の良いわけを見ているかのような不思議なこの展開。裕人も今時の高校生とは思えないくらいに奥手(ヘタレとも言う)なもんで、とにかくこの二人の関係はいつ見てもまどろっこしい!裕人にはもっとしっかりと、時には強引に攻めてもわらないと。1話丸ごとこのグダグダな展開で終わることもあり、正直俺にはこの二人の進展しない関係は面白さを通り越したところで着地しているように見えました。

▼突撃キャラ椎菜
そんな裕人と春香と対極的な位置にいたのが椎菜[ CV:佐藤利奈 ]だ。俺は椎菜が一番面白かった。最終話なのに「来週恋愛運が絶好調」なおみくじにうっとりしたあげく、誰からも突っ込まれないあたり、最高に面白いです。そんな椎菜は幼なじみでも何でもなく、この作品が始まってからストーリー上で知り合った。もちろん春香も同じ。裕人も元々はヲタ趣味があったわけでもない。人間関係を描く上で、この作品が始まる前からの関係を使うというのは常套手段だけれども、そこに逃げずに真面目にストーリー上で椎菜や春香との関係を構築してきた、という点は評価して良いと思う。

▼HD制作によるクリアな絵
とにかく絵は綺麗です。HD制作によるクリアな絵。発色も明るめの色と淡い色を上手く使い分けている印象があって、派手な色の服を着ているキャラが多いにもかかわらず、絵がキツイ印象がない。背景と人物の色使いや線の描き方が揃えてあって、場面が切り替わったりしたときにもそれほど違和感なくストーリーに入れる。肝心のキャラクターが少々崩れる回もあったけれど、総じてテレビアニメとしては十分すぎるでしょう。メカも超能力エフェクトも出てこないだけに、人間を丁寧に描いてくれた点は好感が持てる。

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« アスラクライン2(第25話) | トップページ | こばと。(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47097042

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪:最終話(第12話):

» ◎乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪第12話「約束です♪」 [ぺろぺろキャンディー]
ミカが温泉旅行にいこうといいだす。そして、バスにいままででてきたキャラ全部載せて温泉にいく。これは、ジャジャマル、ピッコロ、ポロリもあるな。ノブナガは、深夜アニメの定番といいだす。これは、ラッキースケベもあるな。そして、オネエチャンズとママさんが温泉は...... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 17時04分

« アスラクライン2(第25話) | トップページ | こばと。(第11話) »