« 11eyes(第11話) | トップページ | にゃんこい!:最終話(第12話) »

けんぷファー:最終話(第12話)

▼最終話
番外編ということでどれだけ弾けてくれるのか期待してました。ま~あれですな。はっきり言って本編に比べて面白くないんですけど(笑)。アニメオリジナルのエピソードなんでしょうか?そもそもキャスティングが「ナツル=野村道子」って、ちょっと無理がありすぎる・・。本編が中途半端に何も完結せず終わってしまったので、最後の番外編でドカンと笑わせてくれることを楽しみにしてたのに。

▼雫にやられた
「けんぷファー」という要素はありつつも、その実はやっぱりラブコメがメイン。いろいろなタイプの女の子が出てくるわけですが、俺は完全に[ CV:名塚佳織 ]にやられてしまいましたとさ。冷たい性格と見せかけて実はナツル[ CV:井上麻里奈 ]が大好き。しかもその不器用なアピールの仕方が何とも可愛くて。かと思えば大胆にもキスしてみたりというアンバランスな行動も。唯一の頭脳はというところもポイント高し!

▼歴史的な作品その1
この作品は間違えなくアニヲタ史に名を残す。なんと言っても地上波深夜アニメでTBSが初めて16:9、サイドカット無しで製作した作品なのだから。事前に告知されていたことを知らずに1話を見たもんだから、そのときの驚愕度合いは凄まじかった。けんぷファーは残念ながらSD制作のアップコンバートだけれども、それでも今までのTBSクオリティのアプコンとは全然違う。ようやく他局に追いついただけなのにこの感動は何だろうか。これでサイドカットに我慢が出来ず、4週遅れでBS-TBSを見る日々とはもうお別れです。

▼飽きの来ないテンポ
この作品、ストーリーはとにかくテンポが早い。実質、全部で11話しか無いんだから当たり前と言えばそれまでなんだけど。登場人物はわかりやすいくらいに極端な性格でどんどんと見せてくれるのに対して、けんぷファーの本質については11話まで引っ張りに引っ張る。後半は戦うアニメというよりも、女の子がいっぱい出てくるアニメと化してました。いろんな女の子が入れ替わりで色々とナツルにとってやっかいな出来事を持ち込んでくるもんだから、あたふたするナツルを見ているだけで十分に楽しい。2期は当然やるんでしょ?

けんぷファー(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:ノーマッド

|

« 11eyes(第11話) | トップページ | にゃんこい!:最終話(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47064862

この記事へのトラックバック一覧です: けんぷファー:最終話(第12話):

« 11eyes(第11話) | トップページ | にゃんこい!:最終話(第12話) »