« にゃんこい!:最終話(第12話) | トップページ | とある科学の超電磁砲<レールガン>(第12話) »

生徒会の一存:最終話(第12話)

▼最終話
真冬[ CV:堀中優希 ]の「杉崎先輩、好きです!」で終わった11話を受けての最終話。最後はやっぱりシリアス展開必至かと思っていたんだけど、簡単にまとめると「言ってみたかっただけ」的な理由であっさり告白シーン終了。やっぱ色々すげーな、このアニメは(笑)。さらに真冬の妄想の中で生きているだけだったはずの中目黒[ CV:山本和臣 ]先輩がまさかのリアル登場。これにはさすがに笑った。[ CV:近藤隆 ]も知り合った初日に回想シーン入りの本音吐露とは。結局なんにもまとまらない、しかしそれが良い味出してる最終話だった。

▼深さを求めるな
12話を通して、はっきり言ってストーリーなんて無いに等しい。しょーもない他愛もない会話をくりむ[ CV:本田真梨子 ]を始めとした生徒会メンバーが繰り広げるだけ。アニヲタ向けの小ネタで笑いを取りつつ、最後はオチがあるのか無いのかも分からないまま1話が終わっていく。そんな表面的な浅はかさこそ、この作品の魅力です。最初は俺もなんだこりゃ、と思っていたはずなのに。気がつけばすっかりこのダラダラ感に取り込まれてしまうとは。

▼舞台が動かないからこそ
基本は生徒会室で延々と喋り続けるだけ。激しい動きもなければ、複雑な背景も登場しない。だからこそ、絵のクオリティとかキャラクターデザインには最大限のパワーを割いて欲しかった。決して低いクオリティだった訳ではない。かと言ってハイクオリティとは呼びづらい。放送日が一番早かったのでBS日テレでずっと見たんだけど、シャープさを欠いたアプコン映像には少々残念。一方で色使いは結構気を使ったんじゃないかな。狭い空間に同じ色の服を着た人がたくさん出てくるんだけど、窮屈な感じは受けなかった。

▼続きがあっても良いかも
二期はないらしい。この手の作品でああいう終わらせ方をするってことは、たぶん今のところは本当に第二期を製作する予定は無いんだと思う。DVDのセールス次第な気はするけど、俺は二期があっても良いと思うなぁ。というか見てみたい。なんて言うんだろうか、この「どうでも良い感」を漂わせる作品をまだ見てみたい。一生懸命にストーリーを理解しようとしなくても良いし、登場人物の心情を読み取る必要も基本的にない。エコな時代の省エネアニメ。アリだと思います。

生徒会の一存(@BS日テレ) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« にゃんこい!:最終話(第12話) | トップページ | とある科学の超電磁砲<レールガン>(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47064869

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒会の一存:最終話(第12話):

» ◎生徒会の一存第12話最終話「生徒会の一存」 [ぺろぺろキャンディー]
マフユがスギサキに告白。スギサキは、マフユのフラグを立ててないはずなんだけどという。ミナツがどうしてほしいのというが、別に付き合って欲しくないですという。ただ、告白したかっただけだった。スギサキは、これでマフユちゃんとは淫らな関係になってもという。そし...... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 17時37分

« にゃんこい!:最終話(第12話) | トップページ | とある科学の超電磁砲<レールガン>(第12話) »