« WHITE ALBUM:最終話(第26話) | トップページ | キディ・ガーランド(第11話) »

戦う司書(第13話)

いつになく主張するミレポック[ CV:沢城みゆき ]。何となくハミュッツ[ CV:朴ロ美 ]は全てをお見通しな気もするんだけど、フルベックの街へミレポックを行かせた。どう考えても使命感とかだけじゃない気がするミレポックの執念。マットアラスト[ CV:大川透 ]の予想は、真面目が故のミレポックの焦り。俺はパーニィ[ CV:林真里花 ]の存在が明らかに何かミレポックのこれまでの人生を左右するような、大きな出来事と関係していそうと踏んだがどうだろう。

そのミレポックは、フルバックで相対したアルメ[ CV:平田宏美 ]に「人を殺したことがない」と見抜かれて落ち込む。そういえばノロティ[ CV:戸松遙 ]も同じような事で悩んでいたっけ。ミレポックの場合は恋愛経験も少なそうだし、人と真剣に向き合ってみるというのが宿題かもね。彼女の場合、必ずしも人を殺す必要は無いんだと思う。

戦う司書(@BS11) / アニメーション制作:david production

|

« WHITE ALBUM:最終話(第26話) | トップページ | キディ・ガーランド(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47133897

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う司書(第13話):

« WHITE ALBUM:最終話(第26話) | トップページ | キディ・ガーランド(第11話) »