« クロスゲーム(第39話) | トップページ | アスラクライン2:最終話(第26話) »

夏のあらし!春夏冬中:最終話(第13話)

▼最終話
絶対何かやらかしてくれると思っていた最終話。2ndシーズンとなった今作では、1stシーズンの1話と13話に登場した「キューティーチェリーちゃん」再び。そうきたか。もはやすっかりお馴染みになった方舟メンバーによる、ちょっとお馬鹿な日常をタイムスリップと絡めたストーリー。夏のあらし!の面白さの大きな要素の1つ。ちなみにもう1つは[ CV:小見川千明 ]の女の子ネタです。結局マスター[ CV:生天目仁美 ]が各話でくねくね踊っていたのは何の意味もなかったのか。いろいろなところで夏のあらし!らしい、名残惜しいようですっきりしたような、絶妙な最終話。

▼日常アニメ
近ごろ増えてきている日常を描くアニメ。たぶん夏のあらし!もその分類だと思う。ラブコメなのは間違えないんだけど、毎回とにかくどうでも良いことをみんなでクソ真面目に議論する。そこがこの作品の面白さ。タイムスリップというSF要素を持っているのに、基本的には賢い使い方は全くしない。腐った牛乳を取り替えてくるとか、茶碗を探しに行くとか、本当にどーでも良いことばっかり。これが実に心地よかった。良くも悪くも見てて疲れることがない。肩の力を抜いて、[ CV:三瓶由布子 ]と一緒にバカになって見るのが最適だった。

▼あらしと潤
ラブコメという意味では、やはりこの二人がストーリーの中心だろうな。今作でもあらしと一が通じなくなるという少しだけ真面目な展開を入れたことで、日常ドラマの中では見えてこないあらしの本当の気持ちを見ることが出来た。そして潤についてはもはやお約束。今期は何回か女の子であることがバレそうになるも、そこはさすが一。裸を見ても気づかないとは。潤に関してはやっぱり1話が最高にスリリングだったし、あらしに関して言えば12話のかわいさが尋常でなかった。カヤ[ CV:名塚佳織 ]はもちろん、やよゐ[ CV:野中藍 ]加奈子[ CV:堀江由衣 ]も十分に濃いキャラなんだけど、それすら押しのけてしまうくらいこの二人にはヒロイン性があった。

▼新房監督作品の好きな方
新房監督作品については2つに分類できる。俺が好きか嫌いか。元も子もないと言えばそのとおりだけれど、これだけひとりの監督作品でキレイに分けられることも珍しい。夏のあらし!は好きな方です。変な小細工は多少あれど、一時停止して見るまでもなく、時々分かるネタだけ「クスッ」と笑っておけばそれで十分。画面に登場する一字一句を逃さないように、血眼になって集中力を維持して、精神をすり減らして見る必要がない。何より、見ている側の予想を大きく越えた演出、カメラワーク、カット割りで飽きさせない。だけどこの作品、どうも世間的にはあまり評判よろしくないようなんだよねぇ。残念だなぁ。けっこう面白いと思うんだけども。

夏のあらし!春夏冬中(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:SHAFT

|

« クロスゲーム(第39話) | トップページ | アスラクライン2:最終話(第26話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47141313

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のあらし!春夏冬中:最終話(第13話):

« クロスゲーム(第39話) | トップページ | アスラクライン2:最終話(第26話) »