« 夏のあらし!春夏冬中(第10話) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(第10話) »

アスラクライン2(第23話)

ここまで急激な盛り上がりを見せていたストーリーがここに来て急にパワーダウン。ちょっとガッカリ。最後はありふれたロボットアニメ的な戦いに落ち着いてしまうとは。せっかくここまで世界観をしっかりと構築してきたはずの物語が、安易な戦いで幕を下ろそうというのか。いや、まだ最終回だったわけではない。フィナーレに期待したい。

そんなわけでストーリー自体、この23話は俺の中でかなり評価は低かった。一方でキャラクターという意味ではかなり良かった。まずは[ CV:野中藍 ]。1巡目の世界に来たからといって非在化が止まるわけもなく、智春[ CV:入野自由 ]と一緒にいるための嘘だった。そこまでして・・という健気な姿に少し感動。

そして最も強烈だったのは1巡目の世界の操緒[ CV:戸松遙 ]。非在化が進むその身体で、アスラマキーナに力を貸して・・。最後に智春に向けた笑顔があまりにも悲しすぎた。これはグッときた。

アスラクライン2(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:セブン・アークス

|

« 夏のあらし!春夏冬中(第10話) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46974568

この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン2(第23話):

« 夏のあらし!春夏冬中(第10話) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(第10話) »