« テガミバチ(第11話) | トップページ | 戦う司書(第11話) »

DARKER THAN BLACK 流星の双子(第10話)

謎が明らかになる。紫苑[ CV:桑島法子 ]の能力「コピー」で作られた存在、それが契約者蘇芳[ CV:花澤香菜 ]の存在の真実。

蘇芳の契約者としての能力が不完全、いや感情が不安定なのはやはりコピーだから?いや、そうじゃない。それの否定こそがこの作品と大きなテーマの1つなんじゃないのか。もし本物の蘇芳が生きていたらどうだったか、なんていう問題じゃない。今ここに存在して、そしてヘイ[ CV:木内秀信 ]に恋してる女の子がいるってことに、意味があるんだと蘇芳には言ってあげたくなる。

そして無惨に殺されていた耀子[ CV:吉住梢 ]。どう考えてもこれはインの仕業ではない。となるとFSBの仕業か、はたまたマダム・オレイユ[ CV:幸田夏穂 ]のやったことか。蘇芳にはどんどんと酷な状況が出来上がってきているのが気がかりだ。

DARKER THAN BLACK 流星の双子(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:BONES

|

« テガミバチ(第11話) | トップページ | 戦う司書(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47017205

この記事へのトラックバック一覧です: DARKER THAN BLACK 流星の双子(第10話):

« テガミバチ(第11話) | トップページ | 戦う司書(第11話) »