« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第13話) | トップページ | テガミバチ(第13話) »

DARKER THAN BLACK 流星の双子:最終話(第12話)

▼最終話
ヘイ[ CV:木内秀信 ]の腕の中で、好きな人に抱かれて記憶を失っていく蘇芳[ CV:花澤香菜 ]。ここまで精一杯生きてきた、コピーと知ってからも自分を失うことの無かった強い蘇芳が本気で願った思い。それもむなしく、ヘイと過ごした日々の記憶は無くなってしまった。だけど、これで良かったのかもしれない。紫苑[ CV:桑島法子 ]の作りだしたもう1つの惑星。そこで生きる蘇芳の記憶は、誰の物でもない紛れもない蘇芳の記憶。ヘイの記憶は失っても、ヘイに対する気持ちは心の何処かで蘇芳の生きる糧となっていた。なにより蘇芳の生き生きとした笑顔こそ、これがハッピーエンドだった証だと思う。

▼濃密なストーリー
続編ということもあり、前作の世界観を理解していない人には少々辛い始まり方。そしてその後も世界観の説明はさておき、蘇芳という契約者、そしてヘイとイン[ CV:福圓美里 ]という契約者とドールの物語が容赦ない濃さで押し寄せてくる。BONES作品は元々そういうきらいがあるし、何より1クールということでその濃さが加速。それだけに毎回集中力を切らさないように見ていた。舞台の場面が次々と変わり、蘇芳の置かれた立場もそれに合わせて刻々と変わる。息を持つかせぬ展開とはまさにこのことだ。この圧倒的なボリュームとスピード感あふれるストーリー、やっぱり日本のアニメは凄いと思い知らされる。

▼蘇芳
なによりもこの作品の最大の魅力は蘇芳。ストーリーの移り変わりと合わせて蘇芳の境遇は著しく変わっていく。肉親や友人が殺され、自分も命を狙われる状況。それに加えて自分も契約者となってしまった。そんな状況でも感情を失うことなく、蘇芳として生き続ける。後にコピーだと判明するわけで、それを知った後だからこそ、改めて蘇芳の強さを感じる。ストーリーが進むにつれて成長する主人公ではなく、激動する物語のなかでも自分の芯を貫く強さを持ち続けた蘇芳。かっこいい。

▼ストーリーを盛り上げる作画
今回は前作に比べると契約者同士の戦いはあまり多くはなかった。それでもやっぱりバトルが始まると、その作画とカット割りやカメラワークと言った構図の上手さが際立った。一番凄いと思ったのは、列車の中のシーン。狭い列車の中で、限られた空間を最大限に生かして戦う契約者たち。動きに誇張はあれど、空間と人の大きさを実にリアルに描きながらもあれだけの迫力と圧迫感、そして逃げ場のない緊迫感を表現するのはそうそう出来る事じゃない。HD制作を続けるMBS枠の深夜アニメ。やはり映像クオリティでは他の局の一歩先を進んでいるな。

DARKER THAN BLACK 流星の双子(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:BONES

|

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第13話) | トップページ | テガミバチ(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47125091

この記事へのトラックバック一覧です: DARKER THAN BLACK 流星の双子:最終話(第12話):

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第13話) | トップページ | テガミバチ(第13話) »