« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第11話) | トップページ | キディ・ガーランド(第9話) »

NEEDLESS:最終話(第24話)

▼最終話
随分と早いスケジュールで最終話を向かえたな。最後は結局アークライト[ CV:東地宏樹 ]ブレイド[ CV:子安武人 ]が打ち勝った。分かってはいても最後の戦いは緊張感もあって、迫力もあって、とにかく見応えがあった。ここまでストーリーを盛り上げてきた美少女部隊やアルカ[ CV:伊勢茉莉也 ]も加わってオールスター勢揃いのバトル。EDでの後日談エピソードも含めて、作品としてキレイに完結。いや~、面白かった。

▼スピード感のある展開
1話から24話まで、とにかくスピード感のあるストーリーが印象的だった。バトルももちろん、随所に挟まる笑いを誘う大ボケ小ボケが面白い!変に狙いすぎるとストーリーのスピード感を損なうだけのつまらない内容になってしまうところだけど、これが戦いのスピード感そのままにドンドン突っ込んでくるもんだから、ますます勢いが加速する結果に。時に大まじめ、時に大ふざけ。このバランスがとにかく良かった。

▼頭の悪いキャラクター(褒め言葉)
クルス[ CV:遠藤綾 ]はさておき、アダムにイヴ[ CV:喜多村英梨 ]、さらには美少女部隊とまぁみんな頭の悪いこと(笑)。微妙にネジが緩んでる登場人物どうしがそのままの勢いで戦闘開始するわけで、何も起こらないわけがない。その中でもベストはやはり美少女部隊の三人がマッパになるためにお膳立てされた6話でしょうか。個人的には未央[ CV:牧野由衣 ]のキャラに完全にやられました。

▼迫力のある映像
とにかく登場するキャラクターみんながみんな、線が太くて濃くて暑苦しい(笑)。実際の絵では特段普通のアニメと大きな差はないんだけど、第一印象がそう見せる。終始一貫したクオリティ、とはいかなかったのが残念だけれど、HD制作らしいシャープな絵と、昔からの暑苦しい雰囲気を上手く融合させたな。

NEEDLESS(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第11話) | トップページ | キディ・ガーランド(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47011098

この記事へのトラックバック一覧です: NEEDLESS:最終話(第24話):

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第11話) | トップページ | キディ・ガーランド(第9話) »