« ひだまりスケッチ×☆☆☆:新番組(第1話) | トップページ | おまもりひまり:新番組(第1話) »

おおかみかくし:新番組(第1話)

10010902

原作はPSP用ゲームのようです。PSPを持っていないので当然未プレイ。原作原案「竜騎士07」とクレジットされると、自然と期待も沸いてくる。

そんな期待を持って見たこの1話。この世界、明らかに何かおかしい。違和感ありまくり。それはストーリーがとか、シリーズ構成がとかそういう話ではない。博士[ CV:小林ゆう ]が足を踏み入れた嫦娥町。オオカミ信仰なる物が残るこの街、単なる偶像崇拝に留まらない不穏な空気を感じる。

と言いながらも、ストーリーの進め方にはやや注文を付けたいような気もする。さすがに時間が飛びすぎじゃない?原作ゲームもこんなに唐突な流れで始まるのか?それともシリーズ構成上やむなくなのか?確かに、この唐突さがクラスメイトたちの不自然さを際立たせていたのも事実。もし演出として、敢えて狙ってそういう流れになっているとすると、それはそれでなかなかやるな。

博士の周りにいる女の子たちだけど、正直このメンツには俺のツボに来るキャラがいないな。逆にストーリーに的を絞って集中できるとも言える。最近は一昔前の昭和50年代を舞台にする作品が増えてきてるけど、それを上手く生かしてる作品は良いんだけれど、それを逃げに使っているだけの作品も無いとは言えない。おおかみかくしは前者だと良いな。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

|

« ひだまりスケッチ×☆☆☆:新番組(第1話) | トップページ | おまもりひまり:新番組(第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47241012

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし:新番組(第1話):

» (アニメ感想) おおかみかくし 第1話 「嫦娥町」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
おおかみかくし 第5巻 [DVD]クチコミを見る 昭和58年の夏、文筆家の父・正明の都合で山間にあるニュータウン「嫦娥町」に引っ越すことになった九澄博士。 取り立てて目立つような存在ではなかった博士のことを、私立嫦娥高等学校のクラスメイトたちはあり得ないぐらいに歓迎...... [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 (木) 17時48分

« ひだまりスケッチ×☆☆☆:新番組(第1話) | トップページ | おまもりひまり:新番組(第1話) »