« そらのおとしもの:最終話(第13話) | トップページ | キディ・ガーランド(第12話) »

ささめきこと:最終話(第13話)

▼最終話
作品の序盤から終盤まで、基本的にストーリーは純夏[ CV:高垣彩陽 ]の視点から、純夏の気持ちを中心に描かれてきた。[ CV:高本めぐみ ]については、純夏の目を通して描かれているイメージが強くて、汐自身の気持ちや感情があまり直接的に描かれたことはなかった。その数少ない汐の心の中が見えたストーリーだった。「着いたら電話する」という何気ない一言だったんだけど、純夏の中ではもちろん、汐の中でもそれはとっても大事な約束だった。まだまだ始まってもいない二人の関係の中では、こんなちょっとした出来事でも一喜一憂してしまうんだな。そしてお互いが同じ気持ちであることがようやく確認できて、この二人はスタート地点に立てたんだと思う。

▼百合というよりもラブコメ
純夏と汐という二人の女の子恋愛を描く。それでも青い花やマリみてなどの100%百合作品と比べると、ラブコメとしての要素の方が強いと思う。物語の中心となる純夏がそもそもオッサン臭い(笑)キャラだし、「愛」という表現よりも「恋」という言葉がしっくりくるストーリーが多かった。好きで好きでしょうがなくて・・・的な話ではなく、何とか汐の気を引こうと試行錯誤している純夏をおもしろおかしく、そして微笑ましく見守るというのが俺のこの作品の見方だった。

▼汐に振り回される日々
最終話の感想のとおり、純夏はモノローグで惜しげもなく自分の気持ちを吐露してくれるんだけど、とにかく汐の気持ちや考えが分からない!本当は純夏の事が好きなのか、はたまた友達としてか見てないのか。そもそも汐には百合属性があるのか無いのか。毎回毎回、純夏と一緒になって汐の気持ちを知ろうと表情を凝視してみたり、言葉尻の意味を深く考えてみたりするんだけど、やっぱり分からない。最初から最後まで、見事に汐にもてあそばれた感じ。それが不快ということは決して無くて、それこそ恋愛を1つのゲームとして楽しむような感覚に近かったのかもしれない。

▼ラブコメ的作画
キャラクターデザインや人間の描き方は、リアリティよりもアニメ的な省略+特徴誇張の路線。それが百合路線よりもラブコメ路線を強く感じる要素になったことは否定できない。決して雑なデザインや作画があったわけではないんだけれど、どうしても俺の中では今以上に踏み込んで作品の世界観に入ることが出来なかったデザインであることも事実。色使いに関して言えば、淡い色と明るい色を丁寧に選んで使っている印象。しかしながら、映像としては画面が全体的にボヤッとしていて、アップコンバート特有のもっさり絵になっているのが残念。ノイズ感はそれほど無いんだけれど、もう少しシャープな絵にして欲しかった。

ささめきこと(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:AIC

|

« そらのおとしもの:最終話(第13話) | トップページ | キディ・ガーランド(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47172228

この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと:最終話(第13話):

« そらのおとしもの:最終話(第13話) | トップページ | キディ・ガーランド(第12話) »