« こばと。(第12話) | トップページ | バカとテストと召喚獣:新番組(第1話) »

君に届け(第13話)

風早[ CV:浪川大輔 ]への気持ちが「恋」だということに気づく瞬間。爽子[ CV:能登麻美子 ]はまた、上手く言葉を選べなくて、伝えるべき事を伝えられずに、風早に誤解されてしまうんではないかとハラハラした。今はまだ、風早本人に自分の気持ちを伝えるという発想が爽子には無いみたい。だからこそ、今の風早に何を伝えるのか。これはとっても重要な場面だった。

そしてそこからが凄い。爽子が真っ先にその気持ちを伝えようとした相手は胡桃[ CV:平野綾 ]。これはもう器が違いすぎるよね・・。方や爽子と[ CV:中村悠一 ]をダシに風早を自分にふり向かせようと、姑息な手段に出た胡桃。自分の風早への気持ちを想像すれば、「自分の好きな人が誰か他の人を好きなのかもしれない」という状況が、決してプラスにならないことは分かると思うんだけど。

爽子もそうなんだけど、やっぱり胡桃も相当に恋愛に関しては不器用なんだろうな。毎回思うんだけど、やっぱり胡桃は純粋な悪人には見えない。

君に届け(@日本テレビ:デジタル) / アニメーション制作:Production I.G

|

« こばと。(第12話) | トップページ | バカとテストと召喚獣:新番組(第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47231922

この記事へのトラックバック一覧です: 君に届け(第13話):

« こばと。(第12話) | トップページ | バカとテストと召喚獣:新番組(第1話) »