« ダンスインザヴァンパイアバンド(第3話) | トップページ | バカとテストと召喚獣(第4話) »

君に届け(第16話)

総集編です。タイトルに「総集編」と入れているだけでも、最近のアニメとしては十分良心的かな。Aパートは爽子[ CV:能登麻美子 ]矢野ちん[ CV:沢城みゆき ]千鶴[ CV:三瓶由布子 ]の二人と打ち解けるまで。そしてBパートは胡桃[ CV:平野綾 ]との一悶着を中心に構成。

Bパートは胡桃のモノローグで構成して欲しかったかな。そうなると原作に独自の解釈を加えることになるから避けた気もするけど、この構成ならやっぱり爽子のモノローグだけだと物足りないな。

君に届け(@日本テレビ:デジタル) / アニメーション制作:Production I.G

|

« ダンスインザヴァンパイアバンド(第3話) | トップページ | バカとテストと召喚獣(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47415286

この記事へのトラックバック一覧です: 君に届け(第16話):

» (アニメ感想) 君に届け 第16話 「夜噺」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
君に届け VOL.3 [DVD]クチコミを見る 爽子の登場、クラスの人気者の風早との出会い、千鶴、あやねと友達になったいきさつ、中学の時から風早を想い続けるくるみとのやりとりなど…。夜、ピンの部屋に集まった小さいおじさんたちが、酒を飲みながら、さまざまなシーンを振り....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 12時45分

« ダンスインザヴァンパイアバンド(第3話) | トップページ | バカとテストと召喚獣(第4話) »