« テガミバチ(第17話) | トップページ | キディ・ガーランド(第16話) »

戦う司書(18話)

ヴォルケン[ CV:中村悠一 ]の行動は許されないだろう。それでも、ハミュッツ[ CV:朴ロ美 ]の執拗な態度には違和感しか感じない。それほどまでに、そこまでして存在を消さなければならない「ベンドルガー」っていったい何だろう。レナス[ CV:大原さやか ]の中に眠っている人格と記憶だけがその手がかりなんだけど、どうも肝心な所が聞こえない。

さて、佐咲紗花の歌う新OP「星彩のRipieno」を買ってきました。Sofmapには売ってなくて(これは想定済み)、しょーがないと思いながらアニメイトに行ったんだけど、なんとアニメイトにもない。おいおいと思って隣のとらのあなへ。ここでようやく発見。品切れ?最初から入荷してない?どちらにせよあまり多くの枚数をプレスしてない気配。

10020101

戦う司書(@BS11) / アニメーション制作:david production

|

« テガミバチ(第17話) | トップページ | キディ・ガーランド(第16話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47446644

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う司書(18話):

« テガミバチ(第17話) | トップページ | キディ・ガーランド(第16話) »