« テガミバチ(第20話) | トップページ | 戦う司書(21話) »

キディ・ガーランド(第19話)

ク・フィーユ[ CV:合田彩 ]のGTO殴り込み、どうやらク・フィーユの独断だったようです。急激にストーリーが重くなることを嫌ったのか、アスクール[ CV:内田彩 ]との戦いは、つねりあいから始まって「アホ毛」呼ばわりと少々おもしろおかしい演出でマイルドな流れに。

ストーリー上はこの二人の戦いよりも、トーチ[ CV:中井和哉 ]シェイド[ CV:飛田展男 ]の過去の方が印象深かった。銀河警察を追われた理由とそのときの決意を考えれば、今のガクトエル[ CV:日野聡 ]のやり方こそ、二人(特にトーチ)には受け入れがたいやり方のはず。

意外とGソサエティは内部から崩壊していくのかもしれない。加えて今回はリトゥーシャ[ CV:今野宏美 ]の出番が無くて残念でした。

キディ・ガーランド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:サテライト

|

« テガミバチ(第20話) | トップページ | 戦う司書(21話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47625618

この記事へのトラックバック一覧です: キディ・ガーランド(第19話):

« テガミバチ(第20話) | トップページ | 戦う司書(21話) »