« おまもりひまり(第8話) | トップページ | キディ・ガーランド(第20話) »

とある科学の超電磁砲<レールガン>(第21話)

ポルターガイストの原因が見えたかに思わせる20話。そしてそれをあっさりとひっくり返してくれたのがこの21話。それにしてもこの中身の濃さ、面白さは凄まじいな。

衿衣[ CV:花澤香菜 ]がAIM拡散力場への干渉要因かと思ったけれど、どうやら衿衣は受信専用。しかしながら、流石に花火大会、自然公園と2回もその現場にいたわけで、直前の不可解な行動からも関係がないとは言えない。そしてペンダントに入っていた写真。木山[ CV:田中敦子 ]のレベルアッパー実験で命を落としたはずの女の子だよな?

衿衣を守ろうとする初春[ CV:豊崎愛生 ]の心情も分かるし、一方で真実を追究しようとする黒子[ CV:新井里美 ]のジャッジメントとしての使命感も分かる。ちょっとギクシャクしてくる人間関係だけれど、これもまたレールガンの作品の面白さなんだよな。どっちも悪くない、どっちの言い分も間違ってない。

あとはテレスティーナ[ CV:大原さやか ]が味方なのか敵なのか。立場上、衿衣が今回の件に関係しているかいないか、絶対知ってると思うんだけどな。そういえば今回はキャストに「ELISA」の文字が。どこで?

とある科学の超電磁砲(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« おまもりひまり(第8話) | トップページ | キディ・ガーランド(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47674875

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲<レールガン>(第21話):

« おまもりひまり(第8話) | トップページ | キディ・ガーランド(第20話) »