« テガミバチ(第21話) | トップページ | 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]のプレミアレビューを見てきた »

戦う司書(22話)

ノロティ[ CV:戸松遙 ]を死に追いやったのは、裏切りの武装司書ダルトム[ CV:岸尾だいすけ ]だった。この状況、ノロティにとって果たして無念だったのか、本望だったのか。最後の最後でアーキット[ CV:釘宮理恵 ]の心を開くことができたと言って良いのか。

しかし、皮肉にもそれが故にアーキットの憎しみはバントーラと神溺教団の戦いに利用されることになってしまった。エンリケ[ CV:野島裕史 ]カチュア[ CV:大木良夫 ]に一矢を報いて、アーキットにノロティの本を読ませたことで、少しはノロティは救われたのか?俺の中ではどうも納得いかないな・・。ノロティの死はあまりに不憫で、そして救われないように思えてしまう。

そして、ハミュッツ[ CV:朴ロ美 ]と神溺教団の戦いは、これにて幕を閉じたことになるんだろうか。次回は過去のストーリーみたい。何ともやりきれない思いだけが残った、むなしい戦いだった。

戦う司書(@BS11) / アニメーション制作:david production

|

« テガミバチ(第21話) | トップページ | 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]のプレミアレビューを見てきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47692622

この記事へのトラックバック一覧です: 戦う司書(22話):

« テガミバチ(第21話) | トップページ | 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]のプレミアレビューを見てきた »