« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第19話) | トップページ | テガミバチ(第19話) »

デュラララ!!(第6話)

再び時間が少し戻り、今回はダラーズ構成員である門田[ CV:中村悠一 ]狩沢[ CV:高垣彩陽 ]たちの視点から物語が進む。狩沢の名前を挙げたのは、単にインパクトが強すぎるキャラだから。そういえばこの物語の展開手法、何かに似ていると思っていたんだけど、知る人ぞ知る名作ゲーム「428」だ。舞台も近いし、タイトルの「KEEP OUT」のテープにも似た演出を感じるし、意図的に作ってるんだろうか。

今回、ダラーズの視点でようやく見えてきたのは、矢霧製薬なる企業の行っている人間狩り。帝人[ CV:豊永利行 ]の視点ではほとんど見えてこなかったこの作品のバックグラウンドが、こうして少しずつ見えてくる。おそらくそのうちに、矢霧製薬とその関係者の視点のストーリーもあるんじゃないだろうか。

そしてダラーズの活躍により、さらには新羅[ CV:福山潤 ]の使えないメモのせいで、セルティ[ CV:沢城みゆき ]は今回は完全に引き立て役に。顔がないはずなのに、最後に途方に暮れたセルティの顔が見えたようだ。何気にコミカルな印象が残った6話でした。

デュラララ!!(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

|

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第19話) | トップページ | テガミバチ(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47561147

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!(第6話):

» (アニメ感想) デュラララ!! 第6話 「東奔西走」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
デュラララ!! 3 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る ここ暫く、池袋から渋谷の間で失踪事件が増えていた。消えるのは地方から家出してきた者や不法滞在者など、消えても跡が残らない者達。そして今日も、人間狩りをするために鉄パイプを片手に獲物を探す若者達が、不法...... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 16時11分

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第19話) | トップページ | テガミバチ(第19話) »