« ひだまりスケッチ×☆☆☆(第7話) | トップページ | のだめカンタービレ フィナーレ(第6話) »

おおかみかくし(第7話)

かなめ[ CV:渕上舞 ]の存在は、この作品の大きなポイントの1つだと思っていた。くったくなく博士[ CV:小林ゆう ]に近づいてくる様子から、果たして味方なのか敵なのか、半信半疑にならざるを得なかった。そして今回、そのかなめが嫦娥町の真実に近づいてしまったがために拘束されたとなれば、博士の味方だと思って間違えないだろう。

博士はかなめが学校を休むようになれば、やはり[ CV:伊勢茉莉也 ]に殺された可能性を疑うはず。そんなタイミングで、博士への協力を求める賢木[ CV:遊佐浩二 ]の登場ときた。もちろん、未だかなめの身に起こった出来事を知らないわけで、博士は賢木を自分の味方だと認識しているだろう。

でもちょっと待て。そういう意味ではコイツも相当に怪しいぞ。明らかに香織[ CV:後藤邑子 ]に因縁があるみたい。それでも思い出すのは香織との学生時代の楽しいひととき。腕のアザ(?)も意味深だし、香織の存在からも目が離せなくなった。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

|

« ひだまりスケッチ×☆☆☆(第7話) | トップページ | のだめカンタービレ フィナーレ(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47612341

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし(第7話):

« ひだまりスケッチ×☆☆☆(第7話) | トップページ | のだめカンタービレ フィナーレ(第6話) »