« おまもりひまり(第11話) | トップページ | とある科学の超電磁砲<レールガン>(最終話:第24話) »

デュラララ!!(第11話)

遅ればせながらス11話の途中で何となく思った。もしかして、帝人[ CV:豊永利行 ]ってダラーズと何か関係ありそう。事実はそのさらに上を行った。まさかダラーズの事実上の創設メンバーだったとは!だからといって帝人自身がカラーギャングのような存在だったわけでもなく、波江[ CV:小林早苗 ]の前に、しかも自分の名前を名乗って出て行くことは相当な覚悟と勇気が必要だったはず。

自分の何気ないネットでの一言がダラーズ創設に繋がり、そして自分の手の届かないところでどんどんとそのダラーズがふくれあがっていく。リアルとバーチャルの交錯するそんな状況は、まさに今の世の中で言えば「リアル」な展開とも思える。大きくなりすぎたダラーズという存在から今まで自分を遠ざけていた帝人だけれど、今回は誠二[ CV:堀江一眞 ]のため、そしてセルティ[ CV:沢城みゆき ]のために、初めてその力を使うことを決意したんだろう。

そして、都市伝説でしかなかった「首無しライダー」の存在は、ダラーズの眼前で白日の下に晒された。ダラーズの影響力を考えれば、これで一気にセルティの首の件が一気に池袋に広がる。それを納得の表情で見ていた帝人の様子から、これが波江をさらに追い込めるという確信があるかのようだ。

そういえばバッカーノ!よりアイザック[ CV:小野坂昌也 ]ミリア[ CV:あおきさやか ]が登場してましたが・・。彼らもダラーズ?(笑)

デュラララ!!(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

|

« おまもりひまり(第11話) | トップページ | とある科学の超電磁砲<レールガン>(最終話:第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47858299

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!(第11話):

» (アニメ感想) デュラララ!! 第11話 「疾風怒濤」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
デュラララ!!2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 行方不明になった杏里の親友、デュラハン、首に傷のある女、矢霧製薬、人身売買。そして、ダラーズ。バラバラだったピースがひとつずつ嵌まっていく。池袋の繁華街。雑踏の中、波江と対峙する帝人。緊張に強ばりなが....... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 20時51分

» デュラララ!! 第11話 「疾風怒濤」 [SERA@らくblog 3.0]
仮想を現実にする力…。 ダラーズはネットに流した噂が作りだした組織だった。 その発起人こそが帝人だったんですね(笑) これって悪い方... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 10時42分

« おまもりひまり(第11話) | トップページ | とある科学の超電磁砲<レールガン>(最終話:第24話) »