« ひだまりスケッチ×☆☆☆(第11話) | トップページ | おまもりひまり(第11話) »

おおかみかくし(第11話)

次回は番外編的な内容になるので、ストーリーは今回で実質の最終話ということになる。この実質最終話の11話で、どうにも納得しづらいのは博士[ CV:小林ゆう ]賢木[ CV:遊佐浩二 ]に対して言った言葉だ。

婚約者を[ CV:伊勢茉莉也 ]に殺され、失意が殺意と恨みになって今回の事件のきっかけを作った賢木に対して、婚約者の死を「不幸だった」の一言で片付けてしまえるのは、やはり博士がまだまだ子供だと思ってしまった。そんな言葉で全てを飲み込んで納得できるなら、こんな事件を起こそうと思うのか?その辺をもう少し博士には考えて欲しかった。

結果として、賢木は香織[ CV:後藤邑子 ]と共に谷底へ・・。結局のところ香織と賢木の婚約者・三重子は、容姿が似てるだけの人だったってこと?だとするとちょっと期待しすぎたかなぁ。博士の「蜜」も防ぐ薬が開発されたってことで良いんだろうか?眠も五十鈴[ CV:加藤英美里 ]も博士の側にいて、なんともないみたいだけども。

実質の最終話であることを考えれば、少々消化不良感は残ったな。

おおかみかくし(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:AIC

|

« ひだまりスケッチ×☆☆☆(第11話) | トップページ | おまもりひまり(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47854332

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみかくし(第11話):

« ひだまりスケッチ×☆☆☆(第11話) | トップページ | おまもりひまり(第11話) »