« のだめカンタービレ フィナーレ(最終話:第11話) | トップページ | デュラララ!!(第12話) »

おまもりひまり(最終話:第12話)

▼最終話
暴走する緋鞠[ CV:小清水亜美 ]に刀を構える優人[ CV:平川大輔 ]。斬りかかるにしては振りかぶりすぎて隙だらけだぞ?そして緋鞠を抱き留める。これが優人の出した答え。そんな優人に緋鞠も、そしてもちろん凛子[ CV:野水伊織 ]くえす様[ CV:松岡由貴 ]も惹かれていた訳で。戦わないこと、受け止めることも時には勇気ある行動ということ。しかし凛子が想像以上に活躍していてちょっと嬉しい。

▼ラブコメの王道
前半はサービスカットもたくさん入れたハーレム展開で、そして後半はシリアス路線。最後はみんなまとめて優人の元へ。作品の構成としてはラブコメの王道中の王道。清水久[ CV:真堂圭 ]やくえす様は、最初は敵として優人や緋鞠の前に現れ、そして優人の心にひかれ、次第に優人を好きになっていく。なかなか「この子!」と優人が決めないところがもどかしい訳ですが、ま~ラブコメなので仕方ないか。ラブコメは自分の属性にあった子を見つけて、その子目線で見ることが多い。今回は凛子目線で楽しみました。お笑い担当かと思いきや、活躍も結構多かった。

▼特筆すべき点は少ないが
1話の感想では「無理」と書いたけれど、そこまで無理じゃなかったというのが今の感想。ストーリーについては、凛子目線で見るようにしてからそれなりに楽しめた。BGMを後から付けた「あやかしサウンドシステム」については、時々ハッとするようなシーンがあり、結構良かったんじゃない?逆に普通のアニメの作曲家、演出家の力量を改めて感じるきっかけにもなったかな。事前に作られたBGMを場面に合うように、効果的に使うのは相当に難しいだろうな。映像面ではSDアプコンでクオリティも普通。ただ、戦闘シーンでの作画は相当に気合い入ってます。絶妙なパンツの見え方とかも(笑)。

▼キャラクターの魅力
話は前後するけれど、やっぱりラブコメとなれば登場する女の子が魅力的かどうか。これは極めて重要。いろいろな人に受け入れてもらうとすると、ツンデレ、ロリ、幼なじみ・・と様々な設定の女の子が入り乱れることになる。容姿も含めて、これが収拾付かない状態になるか、上手くまとめ上げるかが、作品として面白いかどうかを決める大きな要素。そんな視点でおまひまを見てみると、そこに上手いこと「あやかし」という要素を付け加えてまとめ上げた印象がある。人間はくえす様と凛子、あとはあやかし。時にある程度の集合にまとめられることでストーリーを単純明快に、時にはひとりの人間として心情を深く掘り下げる。そこまで大げさではないけど、多少無茶な設定でもこれで受け入れやすくなる。

おまもりひまり(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

|

« のだめカンタービレ フィナーレ(最終話:第11話) | トップページ | デュラララ!!(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47921571

この記事へのトラックバック一覧です: おまもりひまり(最終話:第12話):

« のだめカンタービレ フィナーレ(最終話:第11話) | トップページ | デュラララ!!(第12話) »