« 『true tears』、BD-BOXが遂に到着!! | トップページ | クロスゲーム(最終話:第50話) »

はなまる幼稚園(最終話:第12話)

▼最終話
夢の中で相当に大人になった[ CV:真堂圭 ]。幼稚園児の夢にしては随分と大人びた夢だな、おい。そしてつっちー[ CV:日野聡 ]とのキスシーンまで!そこにはいつもの明るく元気な杏よりも、ちょっと切ない表情を見せる杏。これにはちょっとしんみりしてしまった。だけど杏の眠っている顔を見て思わず笑顔に。なんとも幸せそうな顔をして寝ていること。それでもつっちーに山本先生[ CV:葉月絵理乃 ]への告白を猛プッシュする杏は、そんな切ない表情とリンクする。杏の可愛さと真剣さ、子供の部分と大人の部分が垣間見えた最終話。杏の魅力=この作品の魅力、それを改めて実感した。

▼とにかく可愛い
杏、[ CV:高垣彩陽 ]小梅[ CV:MAKO ]。とにかくこの3人の可愛さが全てと言っても過言ではない。中でも俺はやっぱり杏、そして小梅の2人だ。杏の可愛さはとにかくつっちー一筋なところ。何を言われてもとにかくポジティブシンキング!つっちーが自分を好きだと信じて疑わないその愛らしさが魅力。一方の小梅は、とにかくピュアで将来の夢を聞かれると、色々ありすぎて泣き出しちゃうくらいにピュア。この二人をだっこしてるつっちーが羨ましい・・。もちろん犯罪的な意味は無いのであしからず(笑)。子ネコを愛でてるような気分かな。

▼気分が晴れ晴れするストーリー
とにかく明るい。そして幸せな気分になれる。はなまる幼稚園はそういう作品。前述の3人はもちろんのこと、つっちーの妹のさつき[ CV:廣田詩夢 ]にしても、山本先生の妹の真弓[ CV:斎藤千和 ]にしても、登場する多くのキャラクターは愛するべき人物ばかり。みんな一生懸命に頑張ってるし、いい人ばっかりだし、応援したくなるような人ばっかり。なかなか現実の世の中はそう単純ではないんだけれど、この作品を見ている時間だけは少なくとも心が安まる。1週間のエネルギーを充電するには十分な効果のある作品でした。

▼アプコンが奏功
一目見て分かるようにこの作品はSDのアップコンバート。それ故に画質はシャープ感に乏しく、全体的にボンヤリした画になっている。これがなんともこの作品の雰囲気にマッチしているんだよな。登場人物の醸し出す温かくて角のない雰囲気と、輪郭が適度にぼやけた画質がちょうど良く見える。アプコンの映像が演出にすら見えることを果たして制作サイドが狙ったかどうかは定かではないけれど、ここまでアプコンが「良かった」と思えたのは初めてだ。EDも毎回違う歌と絵が用意してあったし、作画クオリティも非常に高い。作品として総合的に良くできているという印象だ。

はなまる幼稚園(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:GAINAX

|

« 『true tears』、BD-BOXが遂に到着!! | トップページ | クロスゲーム(最終話:第50話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47944633

この記事へのトラックバック一覧です: はなまる幼稚園(最終話:第12話):

« 『true tears』、BD-BOXが遂に到着!! | トップページ | クロスゲーム(最終話:第50話) »