« 聖痕のクェイサー(第11話) | トップページ | こばと。(第23話・最終話:24話) »

れでぃ×ばと!(最終話:第12話)

▼最終話
秋晴[ CV:興津和幸 ]を巡る最後の戦いは、やっぱりメインヒロインの二人、朋美[ CV:川澄綾子 ]セルニア[ CV:中原麻衣 ]に絞られたか。個人的かつ勝手な予想で、やっぱり幼なじみキャラは強いだろうということで、朋美が有利だと思っていた。だから最後に朋美のセルニアももつれて落ちたとき、これは引き分けかなと。ところが、セルニアの手には朋美のハチマキ。まさかのツンデレお嬢様が勝利とは。ちょっと意外な展開だなと感心する暇もなく、ま~秋晴の鈍いのなんの(笑)。最後はラブコメらしく、ちゃんとしたオチを付けて締めてくれました。流石に秋晴には俺もダメだしだわ。

▼執事とメイド
流行りモノを二つとも取り入れてしまえ!という訳で、前代未聞な設定となったこの作品。俺的には、この無茶苦茶感が学園ラブコメの魅力の1つだと思うので、これは大歓迎。ラブコメの世界観にリアリティを必要以上に求めるのは、やっぱちょっと違うよね。そういう意味では、フィクションとして思う存分楽しめるこの設定、そして大量のサービスカット。さらにはこれでもか!というまでのお約束とご都合主義な展開。この辺は既にラブコメパッケージとして確立された路線。可もなく不可もなく、力まず緩まず。このジャンルが楽しめる人であれば、普通に最後までそこそこ楽しめた出来だったんじゃないでしょうか。

▼1話完結と思うべし
1つのストーリーが繋がる作品としてよりも、おそらく単発1話完結の作品とでも思って見た方が楽しめる。逆に言えば、たぶんこの作品にストーリーと呼ばれる物を大きく期待してはいけない。[ CV:釘宮理恵 ]みみな[ CV:日高里菜 ]ピナ[ CV:後藤麻衣 ]アイシェ[ CV:花澤香菜 ]といったサブヒロイン的な位置づけの登場人物とのストーリーが、まさにそれ。必要不可欠な各種属性のキャラを取りそろえつつ、次々と女の子を(本人の知らないところで)虜にしていく秋晴。突っ込みどころ満載ですが、それを突っ込みながら楽しめるのが、この作品の良いところ。

▼巨乳コントロール
キャラクターデザイン的に、特別俺は好きなデザインではない。それでも動きが派手なこのジャンルの作品としては、平均的な水準を維持していたんじゃないだろうか。特に巨乳キャラの多い作品では、話毎に胸の大きさがバラバラだったり、カットによってあまりにもおかしな位置に胸が付いてたりして一気に醒めることもあるけれど、この作品はそのあたりは徹底してクオリティコントロール出来てたかな。とは言え、流石にそろそろスーパー額縁のAT-X!(SD)では辛い物がある。そろそろHDにならないでしょうか。

れでぃ×ばと!(@AT-X:SD) / アニメーション制作:XEBEC

|

« 聖痕のクェイサー(第11話) | トップページ | こばと。(第23話・最終話:24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47894207

この記事へのトラックバック一覧です: れでぃ×ばと!(最終話:第12話):

« 聖痕のクェイサー(第11話) | トップページ | こばと。(第23話・最終話:24話) »