« キディ・ガーランド(第21話) | トップページ | テガミバチ(第22話) »

とある科学の超電磁砲<レールガン>(第22話)

明かされるポルターガイストの正体。それは木原幻生[ CV:高岡瓶々 ]なるマッドサイエンティストの「レベル6」構想。そして木山[ CV:田中敦子 ]の行っていた実験、衿衣[ CV:花澤香菜 ]を呼ぶ絆理[ CV:佐藤聡美 ]の声。これが全て集まって、学園都市で起こる事件と人の想いがミルフィーユのように積み重なる。

このシリーズ構成と脚本は見事というほかない。レベルアッパー、ポルターガイストと次々に謎の事件が起こり、そしてストーリーに惹きつけられる。初春[ CV:豊崎愛生 ]が衿衣のために、衿衣の疑いを晴らすには衿衣とその周辺を調べるしかないというジレンマとの葛藤。自分の実験の犠牲になった子供たちを救いたいという一心で行動するも、覚醒が近づけば能力の暴走が始まる状況に、美琴[ CV:佐藤利奈 ]の一言で我に返る木山。誰のせいにもできず、それでも自分の気持ちを信じて進むしかないこの二人の登場人物の心情描写は、ストーリーとのリンクの深さもあって、身につまされる。

そんな折り、真面目な話をしてしれっとした顔で美琴と一緒に風呂に入ろうとする黒子[ CV:新井里美 ]がナイス(笑)。てっきり風呂に一緒に入るのは日常茶飯事なのかと思った。あとは初春の能力か。「手に持った物の体温を維持する」、一見微妙な能力だけれど、もしかすると子供たちの覚醒の手助けになりそうな・・どうだろ。そしてやっぱり気になるテレスティーナ[ CV:大原さやか ]。クライマックス近し。

とある科学の超電磁砲(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« キディ・ガーランド(第21話) | トップページ | テガミバチ(第22話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47738257

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲<レールガン>(第22話):

» とある科学の超電磁砲 22話 「レベル6 神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの」 感想。 [追憶の本屋]
久々に美琴主役回!!!シリアスシーンにゲコ太お面とかギャップあって可愛いかったw♪ >>ということで、とある科学の超電磁砲 #22 感想... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 22時06分

» ◎とある科学の超電磁砲第22話「レベル6(神... [ぺろぺろキャンディー]
バンリも、ハルウエもチャイルドエラーだった。バンリは、別の施設に移されてた。キハラとキヤマの人体実験のことを話す。その子供たちが、原因かもしれないという。子供たちがどこ... [続きを読む]

受信: 2010年5月14日 (金) 00時15分

« キディ・ガーランド(第21話) | トップページ | テガミバチ(第22話) »