« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第22話) | トップページ | デュラララ!!(第9話) »

テガミバチ(第22話)

まずはラグ[ CV:沢城みゆき ]を演じる沢城みゆきさん、2010声優アワードの主演女優賞受賞、おめでとうございます。声優アワードについては去年も何かの感想で触れたけれど、単なる人気投票ではなくて、「なるほど」と思わせる受賞者が並ぶ。まだ4回目だけれど、これからも仕組みとして根付くと良いね。俺の中でも沢城みゆきの演技力は間違えなく業界屈指。言葉に込めるメッセージの強さ、彼女自身のメッセージ性が垣間見えるような、そんな力を持った言葉をキャラクターに乗せることが出来る希有な声優の一人。

さて、テガミバチ。マナ[ CV:井上麻里奈 ]の口から語られるゴーシュ[ CV:福山潤 ]のエピソードを聞くにつれて、ますます信じられなくなってくる。なぜ、ゴーシュは消息を絶ってしまったのか。ここまで人のために本気になれる人間だったゴーシュが、まるで人間不信に陥ったかのように忽然と姿を消す。

ラグにとって大きなショックだったゴーシュの失踪は、ラグ以外にも多くの人の心に傷を負わせていることを強く印象づけられたマナとゴーシュ、そしてサンダーランドJr.[ CV:石川英郎 ]の過去。ようやく掴んだゴーシュの手がかりは、ハニーウォーターの街に残る精霊琥珀。少しでもゴーシュに近づけると良いけど。

テガミバチ(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:studioぴえろ

|

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第22話) | トップページ | デュラララ!!(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47744242

この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ(第22話):

« とある科学の超電磁砲<レールガン>(第22話) | トップページ | デュラララ!!(第9話) »