« 迷い猫オーバーラン!(第4話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第4話) »

聖痕のクェイサー(第16話)

まさに急転直下とはこのことだ。15話サーシャ[ CV:三瓶由布子 ]が正気に戻って以降、ストーリーの進行スピードに加速がかかった。密度も濃くなってきたし、これはなかなか面白いぞ。

明らかにアトスの味方をしている様子は無かった[ CV:大川透 ]だけど、一方でアデプトとの関係も既に冷え込んでいた模様。それもこれも、全てはイローナ写本に書かれていた内容というのが鍵か。残念ながらこの16話ではその内容は分からず。それでも[ CV:豊崎愛生 ]の存在がそれと大きく関係したであろう事は、間違えない。

結果として燈の身体はどうやら「黄金のクェイサー[ CV:三宅健太 ]」に乗っ取られてしまったようで、これはサーシャが燈を倒さなければならないということか?そもそも黄金のクェイサーの存在自体、実体を持たないということなんだろうか。こんな状況でも、パニックに陥らずに自分の意志をしっかり持っているまふゆ[ CV:藤村歩 ]。この強さは頼もしい。

ところで15話のディレクターズカット版ですが。「おっぱいで絵本を読む」の真実が知りたい方は是非どうぞ。なんと言いますが、燈は最初からアホキャラだったと思うんだけど、いつの間にかまふゆまで似たようなキャラに・・。

聖痕のクェイサー(@TOKYO MX) / アニメーション制作:フッズエンタテインメント

|

« 迷い猫オーバーラン!(第4話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48209579

この記事へのトラックバック一覧です: 聖痕のクェイサー(第16話):

« 迷い猫オーバーラン!(第4話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第4話) »