« 薄桜鬼(第3話) | トップページ | 四畳半神話大系(新番組:第1話) »

裏切りは僕の名前を知っている(第2話)

まさに「胎動」という言葉がピッタリとはまりそうな第2話だった。自らの力を抑えきれなくなってきた夕月[ CV:保志総一郎 ]の前にあらわれた兄を名乗る男、祇王天白[ CV:子安武人 ]。左目の傷もそうだし、語り口は穏やかなはずなのに殺気すら感じる目つき。

夕月の置かれた状況と全く同じで、とにかく作品の世界観に関する情報が少なすぎて、全ての登場人物が夕月の敵のようにも見えてくる。まさに疑心暗鬼の状態。どう見ても裏がありそうとしか思えないこの天白はもちろん、夕月を見守っているようにも見える九十九[ CV:福山潤 ]十瑚[ CV:井上麻里奈 ]ですら、何か含みがあるんじゃないか。

そんな懐疑心も、ようやく夕月に告げられた天白の言葉で少しは晴れたか?どうも夕月はとんでもない状況の中に置かれてしまっている、という事だけは分かった。とにかく人が良すぎるのが夕月の今のところの欠点。こんな状況でまともな精神状態を維持できるのか。その鍵はやっぱりゼス[ CV:櫻井孝宏 ]の存在だな。

裏切りは僕の名前を知っている(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 薄桜鬼(第3話) | トップページ | 四畳半神話大系(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48155836

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切りは僕の名前を知っている(第2話):

« 薄桜鬼(第3話) | トップページ | 四畳半神話大系(新番組:第1話) »