« RAINBOW 二舎六房の七人(第3話) | トップページ | 薄桜鬼(第3話) »

けいおん!!(第3話)

珍しくバント活動のストーリー。おかしいな、軽音部がメインの作品のはずなのに(笑)。[ CV:日笠陽子 ][ CV:豊崎愛生 ]が目立つ中で、今回は[ CV:佐藤聡美 ]が主人公。

ドラムが目立たない!?と悩んでいる―というのが唯の見立てだったわけですが、どうも澪は律の性格をよく分かっているだけあって、その本質を見抜いていたようだ。飽きっぽい律の性格がちょっと出てきたのかな?って具合に。ドラムだけはずっと続いているらしいので、もしかしたらちょっと不安に思ったかもしれないけど。

ちょっと話はそれるけど、ライブに行ったとき、やっぱりボーカルとギターは目立つんだけど、俺はベースとかドラム、マニピュレーターやキーボードにも結構注目してライブを見てる。ドラムのリズム感ってライブではノリを決める重要な要素だからね。そしてバンドメンバーをリードする役割もある。だから律ももっと自信を持って良いのに。

そんな真面目な事を考えてたのに、何事も無かったように律は再びドラムの前に着席。やっぱそうきたか(笑)。結局の所、何も特筆すべき事は無く、日常の一コマだったという実にけいおんらしい内容でした。

けいおん!!(@TBS) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« RAINBOW 二舎六房の七人(第3話) | トップページ | 薄桜鬼(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48147774

この記事へのトラックバック一覧です: けいおん!!(第3話):

» (アニメ感想) けいおん!! 第3話 「ドラマー!」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る 何か、前回の評判がやたらいいみたいで、人によっては神回だったとおっしゃる方もいた。「なんだ花田先生やれるじゃないか!」という声もあったけど、花田大先生に脚本やらせたらちゃんと仕事する人な....... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 16時19分

« RAINBOW 二舎六房の七人(第3話) | トップページ | 薄桜鬼(第3話) »