« けいおん!!(第4話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第3話) »

薄桜鬼(第4話)

風間[ CV:津田健次郎 ]の刀がかすめたはずの千鶴[ CV:桑島法子 ]の腕の傷が治った!?どうやら千鶴の存在は、単なる父親を探しに来た女の子という訳ではなさそうだ。新撰組という存在にストーリーの焦点が当たっていたところで、意表を突いた展開。風間もそれに気づいていたし、どうやらその秘密も分かっていそうな目つき。これは気になる。

その新撰組。4話ではその置かれた微妙な立場が如実にあぶり出される。身内であるはずの会津藩からすらも歓迎されない、「浪人」の集団。それでもここまで見てきた新撰組には、その貫こうとする信念の強さが故、逆に危うい集団ともなりかねないのでは?という一面も見て取れる。その存在が「英雄」となり得るのか、「人殺しの集団」になってしまうのか。諸手を挙げて新撰組に肩入れできないが故、ストーリーの先行きにも暗雲が立ちこめているように思えてしまう。

その暗雲の第一弾になりそうなのが山南[ CV:飛田展男 ]だ。「あの薬」、どう考えてもヤバい薬としか思えないわけで、刀を持てるようになる代わりに、新撰組にいることはおろか、下手をすれば新撰組と斬り合いを演じる可能性も出てきた。いよいよ序章も終わり、物語が核心に入ろうとしている予感。

薄桜鬼(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« けいおん!!(第4話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48220197

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼(第4話):

« けいおん!!(第4話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第3話) »