« 迷い猫オーバーラン!(第3話) | トップページ | けいおん!!(第3話) »

RAINBOW 二舎六房の七人(第3話)

アンチャン[ CV:小山力也 ]の元で仲間意識が芽生えたかと思えた二舎六房の七人。とは言え一癖も二癖もあるメンツなわけで、そう簡単にはまとまらない。その原因の1つがバレモト[ CV:藤原啓治 ]だ。

バレモトの気持ちも分からないでもない。希望の無いこの地獄のような世界で、何か生き甲斐を見つけたように生き生きとし出したジョー[ CV:羽染達也 ]の表情を見て、逆に白けた気になるのも自然な感情。それもバレモトの境遇、人間不信に陥っている状況を考えれば「一人クールを気取りやがって!」とは思わない。

だけど、石原[ CV:石井康嗣 ]に言いくるめられ、そしてアンチャンを売ったバレモトの行動。石原自身ももう気がついているんじゃないだろうか。結局自分を人間不信に追いやった最低の人間と同じような行動を、当の本人がとってしまっていることを。

燃えさかる建物に向かって走り出したアンチャンの姿を見たバレモトの涙は、自分の正義と信念をこんな状況でも貫こうとする姿を見て、自分の情けなさを自覚したからに違いない。こんな救いのない状況でも、まだアンチャンには生きる強さが残っている。そしてジョーにもそれが戻ってきたか。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« 迷い猫オーバーラン!(第3話) | トップページ | けいおん!!(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48147768

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(第3話):

« 迷い猫オーバーラン!(第3話) | トップページ | けいおん!!(第3話) »