« 閃光のナイトレイド(第5話) | トップページ | 劇場版『トライガン(TRIGUN THE MOVIE)』をみてきた »

聖痕のクェイサー(第17話)

これまで「フェーニクス」こと[ CV:大川透 ]黄金のクェイサー[ CV:三宅健太 ]への復讐が全てだったサーシャ[ CV:三瓶由布子 ]。これまでもまふゆ[ CV:藤村歩 ]の言葉に動かされてきたサーシャだけど、ようやく自らが戦う本当の意味を見つけた。

それと同時にサーシャの境遇も明かされた。結局のところ、アトスからもアデプトからも、駒としてしか扱われていなかったという訳だ。そんな自分を見失いかねない状況で、鳳に操られたテレサ[ CV:茅原実里 ]がサーシャの前に立ちはだかる。我を失ったサーシャの目には、もはやテレサですら憎しみの対象なのか?そんな状況を乗り越えて、まさにまふゆたちの存在が「心が震える」の意味になりつつあるということだ。

もうディレクターズカット版を無理に作らなくても良いんじゃない?と言うくらいにストーリーも佳境。[ CV:豊崎愛生 ]とかリジー[ CV:清水愛 ]は無理におっぱい出さなくても良いんじゃないかと。

聖痕のクェイサー(@TOKYO MX) / アニメーション制作:フッズエンタテインメント

|

« 閃光のナイトレイド(第5話) | トップページ | 劇場版『トライガン(TRIGUN THE MOVIE)』をみてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48268614

この記事へのトラックバック一覧です: 聖痕のクェイサー(第17話):

« 閃光のナイトレイド(第5話) | トップページ | 劇場版『トライガン(TRIGUN THE MOVIE)』をみてきた »