« 刀語(第5話) | トップページ | Angel Beats!(第8話) »

デュラララ!!(第19話)

藤原啓治のナレーションが入るようになったのは前回(18話)からだっけ?今まで入れてなかったのに、なぜ突然入るようになったんだ?特に杏里[ CV:花澤香菜 ]の心情については、これまでは想像を巡らせて楽しんでいたのになぁ。ストーリーの進行は早くなるし、最終的に見せたい結論への誘導は楽になるだろうけれど、蛇足に思えてならない。

今回は久々にちょっと手の込んだ時間軸の表現。アニメでは常套のパターン(事件発生中→時間戻って発生の原因へ→再び事件現場へ)だけれども、知ってはいけない事実を知ってしまった杏里の「なんで!?」という驚き。それでも罪歌と向き合うことを決めたからには、ここで逃げるわけにはいかず・・。

それでも当事者の一人である帝人[ CV:豊永利行 ]は、未だ真実をほとんど知らず。頼りにしていると思われる臨也[ CV:神谷浩史 ]はおろか、親友の正臣[ CV:宮野真守 ]にちょっと気になってる女の子までが、自分にとっての「敵」になりつつある状況。

帝人には真実に触れないでいてくれれば・・・という思いと同時に、全てを知ってしまう時がもう目前に迫っているようにも思う。せめて、帝人の胸中だけは、ナレーションで補完しないで欲しいと思う。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

|

« 刀語(第5話) | トップページ | Angel Beats!(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48432203

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!(第19話):

» (アニメ感想) デュラララ!! 第19話 「蒼天已死」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
デュラララ!!5(初回限定盤) [DVD]クチコミを見る 帝人、正臣、杏里が過ごす、いつもと変わらない穏やかな日常。 しかし、正臣の様子がどこかおかしいのではないかと感じた杏里は、その原因を知るために行動を起こす。 一方、池袋の街では斬り裂き魔の正体をめぐって、ダラー...... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 02時22分

« 刀語(第5話) | トップページ | Angel Beats!(第8話) »