« B型H系(第9話) | トップページ | Angel Beats!(第9話) »

デュラララ!!(第20話)

門田[ CV:中村悠一 ]が「ダラーズのボスを知っているヤツが一人いる」と正臣[ CV:宮野真守 ]に告げたとき、それはおそらくあの男に違いないと確信した。そしてそれは確信通りだった。

これで正臣は自分が黄巾族のボスであることに加え、ダラーズのボスが帝人[ CV:豊永利行 ]であることを知ってしまった。今はまだ、おそらくダラーズのボスが帝人であることを信じたくないという気持ちと、臨也[ CV:神谷浩史 ]の言葉が故、それは事実であることを受け入れなければならないという気持ちが半々なんじゃないだろうか。

だけど、正臣が怒りと自分の正義を貫くべき相手は、どう考えてもダラーズという組織でもなければ、帝人という存在でもない。この事態を高みから見下ろしてほくそ笑んでいる折原臨也その人でなければならないはずなのに。どんどんと間違った方向に突き進んでしまう正臣を誰も止めることが出来ないこの状況がもどかしい。

しかしセルティ[ CV:沢城みゆき ]の自覚の低さには相変わらず笑うしかないな。あれだけ派手に立ち回っておいて、その後のことをまったく気にしていなかったとは(笑)。

デュラララ!!(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース/マーヴィージャック

|

« B型H系(第9話) | トップページ | Angel Beats!(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48491542

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!(第20話):

« B型H系(第9話) | トップページ | Angel Beats!(第9話) »