« 四畳半神話大系(第2話) | トップページ | 会長はメイド様!(第5話) »

さらい屋五葉(第3話)

マサ[ CV:浪川大輔 ]が近江屋の息子に心を開いてしまったときから、既にヤバい予感はした。今のマサに必要で、そしておそらくマサがこの先も生涯身につけることがないであろう「非情に徹する」というスキル。それが明らかに試されるんだろうな、と。最初は近江屋の息子ではないような描かれ方だったので、もしかして大丈夫なの?と思ったんだけどね。

それにしても相変わらず底が知れないのはイチ[ CV:櫻井孝宏 ]だよ。マサになかなか真実を告げていなかったのは、「面白いから」という理由がだけなのか?最後に繰り広げられた謎の拐かし事件。その会話を聞いていると、イチが寝床にしているという桂屋の息子なのか?という気もしてくる。

そうでなかったとしても、目的のために徹底して他人を利用するそのイチの冷酷さをマザマザと見せつけられた気分。そんなイチの本性を知るよしもなく、食べちゃいけない大福を食べて爆睡するマサには笑った。そしてそんなマサをウザいの言葉と共に踏みつけるマツ[ CV:内田夕夜 ]。この二人、意外と良いコンビになるんじゃない?

さらい屋五葉(@フジテレビ) / アニメーション制作:マングローブ

|

« 四畳半神話大系(第2話) | トップページ | 会長はメイド様!(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48229222

この記事へのトラックバック一覧です: さらい屋五葉(第3話):

« 四畳半神話大系(第2話) | トップページ | 会長はメイド様!(第5話) »