« けいおん!!(第5話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第4話) »

薄桜鬼(第5話)

伊藤[ CV:千々和竜策 ]の存在は、どう考えても山南[ CV:飛田展男 ]へのプレッシャーになる。近藤[ CV:大川透 ]にもそのくらいは想像が付きそうなもんだけどな~。それでも冬までは、なんとか耐えていた訳ですが・・・。

それにしてもこの伊藤という男、どうにも何か別の企みがあって新撰組に荷担しているのではないかと想像してしまう。特に千鶴[ CV:桑島法子 ]を見つけたときのあの表情。あれは千鶴が女だという事に気がついたから?それとも千鶴のあの謎の力に気がついていたという可能性は?史実では結局、近藤らによって暗殺されてしまうようですが、この作品においてはどういう役回りとなるのか。

その史実とは大きく異なるはずの物、それは綱道の研究していた「薬」の存在だ。山南が口にしてしまったそれは、どう見ても副作用が克服できている様子は無く。山南の心の弱さを指摘する事は簡単だけれど、刀が握れなくなり、そして論客としてもその立場が危うくなっている現状。それは自らの存在を否定された事と同じ。今まで新撰組を支えてきた山南と、浪士たちが殺し合う事になってしまうんだろうか。

薄桜鬼(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« けいおん!!(第5話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48282417

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼(第5話):

« けいおん!!(第5話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第4話) »