« いちばんうしろの大魔王(第6話) | トップページ | WORKING!!(第6話) »

ジャイアントキリング(第6話)

遂に、そしてようやくリーグ戦開幕か。このペースだと果たして2クールの放送期間中にリーグ優勝が決まるような状況にはならなそうだけれど、どうするんだろ。今から終わらせ方が気になってしまうな。

その開幕戦の相手はジャベリン磐田。チーム名のもじり方が上手い(笑)。ETUの選手の気合い乗りも文句なし。村越[ CV:置鮎龍太郎 ]もキャプテンマークの意味を、昨シーズンまでとは違った感じ方で開幕を向かえた。さ~これで達海[ CV:関智一 ]の本領発揮!と思ったら、試合開始から瞬く間に先制点を決められ・・。

まだまだチームとしては完成度が低く見えるETU。こっからが本当にETUが上に上がっていくことが出来る可能性を持っているチームなのか、結局グダグダのまま終わってしまうチームなのか。まさにその分かれ目なんだと思う。達海はこの状況に何か指示を出すのか、それとも選手の奮起とメンタルを鍛える=敢えて指示は出さない方針で挑むのか。

やはり達海が主人公と言うことで、監督目線でストーリーを追っている自分に気づく。そこへフリーライターの藤澤[ CV:岡寛恵 ]という新たな第三者視点も加わる。スポーツアニメとしてはかなり珍しい構成だよね。俺は結構好きだけど。

ジャイアントキリング(@BShi) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« いちばんうしろの大魔王(第6話) | トップページ | WORKING!!(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48319597

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアントキリング(第6話):

» (アニメ感想) GIANT KILLING 第6話 「#06 」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
GIANT KILLING 01 [DVD]クチコミを見る リーグプレスカンファレンスが開催された。皆が正装している中、いつもの私服で出向く達海。ETUと因縁深い名古屋グランパレスの不破監督や昨年リーグ2位の大阪ガンナーズのダルファー監督とあいさつを交わす。セレモニーが始まり....... [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 15時55分

« いちばんうしろの大魔王(第6話) | トップページ | WORKING!!(第6話) »