« 閃光のナイトレイド(特別編・第7話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第7話) »

迷い猫オーバーラン!(第7話)

アバン開始から数秒で、「あ~、これはやってくれた」という確信が持てる始まり方でした。おそらく全編を使って壮大なネタを展開してくれるに違いないと。その期待は裏切られることなく、着実に遂行されました。OPから福山芳樹とかあり得ない。

「勇者超人グランブレイバー」の26話、つまり最終話らしいです。このロボット、え~となんだっけ。ブレイブカイザ-[ CV:岡本信彦 ]ブレイブマッハ[ CV:吉野裕行 ]、それとブレイブドリル[ CV:間島淳司 ]ね。あの顔の作りやしゃべるロボ設定、どう頑張ってもトランスフォーマ以外に見えない・・。いや、確かにトランスフォーマは合体じゃなくて変形だけれども。

その他いろいろな部分において、おそらく有象無象のこの手の作品から設定を拝借している気配。あんまりロボットアニメとかは詳しくないので元ネタ分かんないけども、合体バンク(と言いつつ今回しか使われないけども)の演出とか、合体した後に手を握り込む演出とか、もうどっかで見たようなシーンオンリーです。

文乃[ CV:伊藤かな恵 ]千世[ CV:井口裕香 ][ CV:竹達彩奈 ]のヒロイン3人はツンデレ属性を完全に除去された上、さやか・ちづる・しのぶに強制改名(笑)。

もう番外編の領域すら飛び越えたこの7話の監督は、久城りおん氏でした。遊びすぎ。

迷い猫オーバーラン!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC

|

« 閃光のナイトレイド(特別編・第7話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48396748

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い猫オーバーラン!(第7話):

« 閃光のナイトレイド(特別編・第7話) | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(第7話) »