« けいおん!!(第10話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第9話) »

薄桜鬼(第10話)

病床にふける沖田[ CV:森久保祥太郎 ]の前に現れた南雲薫[ CV:伊藤葉純 ]千鶴[ CV:桑島法子 ]に似ているどころか、まさかの双子設定。とは言え薫が果たして新撰組に味方なのかどうか。そして千鶴は彼女の存在をおそらく知らないんじゃないか?生き別れた双子姉妹、感動の再会とはならなそう。

そして新撰組では、伊藤[ CV:千々和竜策 ]暗殺のきな臭い動き。緊張が張り詰め、みんながピリピリしている空気感が伝わってくる。「何気ない日常」がイマイチ俺的にハマらないこの作品で、この殺伐とした雰囲気はヒシヒシと感じられる。この瞬間がたまらん。それにしても伊藤はもっと新撰組の動きに気を配るべきだったよな。あまりにもあっさりと襲撃されすぎ。

新撰組から抜けるとは思えなかった斎藤[ CV:鳥海浩輔 ]も無事戻ってきたし、藤堂[ CV:吉野裕行 ]も千鶴の決意に心を動かされ、薩摩・長州に対峙することを決めた。それなのに、どうも新撰組の旗色はよろしくない。決定的な打開策がどう見ても無い気がする。このままじゃ押し切られるぞ。

薄桜鬼(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« けいおん!!(第10話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48595471

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼(第10話):

« けいおん!!(第10話) | トップページ | 裏切りは僕の名前を知っている(第9話) »