« 薄桜鬼(最終話:第12話) | トップページ | 四畳半神話大系(第10話) »

裏切りは僕の名前を知っている(第11話)

「戦う事の意味」を飲み込み始めた夕月[ CV:保志総一郎 ]。だけど、夕月の前にはおそらく夕月の想像を遙かに超えた事実が待っていることを既に知っている。それはもちろん、レイガと呼ばれている奏多[ CV:石田彰 ]の存在だ。

彼は夕月が憎いのか?それとも自分の仲間にしたいのか?その目的が分からないまま、アシュレイ[ CV:植田佳奈 ]の作りだした空間に白々しく登場。もちろん夕月が奏多を疑うわけもないし、ゼス[ CV:桜井孝宏 ]焔椎真[ CV:小野大輔 ]は気づいていない。唯一その事実を知ったと思われる九十九[ CV:福山潤 ]はあんな状態だし・・・。

前半の最大のヤマ場は、間違えなく夕月と奏多の対峙になるだろうな。それだけに、いったいどんな状況で夕月が真実を知ることになるのか。そのとき、夕月がどんな言葉を奏多にかけるのか。何よりも、すぐに奏多と戦うという選択が出来ないんじゃないかということが、いちばん心配。

裏切りは僕の名前を知っている(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 薄桜鬼(最終話:第12話) | トップページ | 四畳半神話大系(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/48720911

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切りは僕の名前を知っている(第11話):

« 薄桜鬼(最終話:第12話) | トップページ | 四畳半神話大系(第10話) »